HOME > Infotmation一覧 > 2012年度グッドデザイン賞受賞。

Information:2012.10.1更新
2012年度グッドデザイン賞受賞。

公益財団法人日本デザイン振興会が行う「2012年度グッドデザイン賞」の受賞結果が発表されました。山野りんご株式会社・tecoLLC.は、復興支援を目的とした特例措置枠の中で、クラブ制りんごブランディング [安寿紅燈籠]を応募、一次審査、二次審査を通過し、グッドデザイン賞を受賞することができました。復興支援を目的とした特例措置は、東日本大震災被害からの復興を支援する目的で、東北6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)および茨城県に本社(個人事業主の場合は主な拠点)を置く事業者からの応募については、応募要領に定めるすべての費用(審査費用、展示費用等)を免除して実施された枠となります。

 

受 賞 対 象 名 : クラブ制りんごブランディング [安寿紅燈籠]
事 業 主 体 名 : 山野りんご株式会社+合同会社tecoLLC
カ テ ゴ リ ー : ビジネスイノベーション、ビジネスモデル
受  賞  企  業  : 山野りんご株式会社、合同会社tecoLLC
概      要  : りんごの国際プレミアムブランディングの手法であるクラブ制ブランディングを日本ではじめて実施することで、1次産業の価格向上の仕組みを東 北から転換しようとする試み。
プ ロ デ ュ ー サ ー  : 山野りんご株式会社 代表取締役 山野 豊
デザインディレクター: 合同会社tecoLLC 代表社員 立木 祥一郎
デ ザ イ ナ ー : 合同会社tecoLLC 原田 乃梨子
山野りんご株式会社 代表取締役 山野 豊
1961年秋田市生まれ、1984年東北大学法学部卒、日立精機(株)入社。2002年同社民事再生、2003年機械業界を離れる。2004年大学時代の友人の勧誘を受け、りんご業界に転進する。スイス、中国、シンガポール等に販路を開く一方、グローバリズムという荒波を乗り切る為には強力な船体(産地)と強力なエンジン(販売体制)が必要と体感、「戦艦大和」の建造を志す。「クラブ制」は新船に搭載されるべきエンジンである。次なる目標は船体。GLOBALGAP=適正農業規範の世界標準という竜骨を入れ、強固なボディの建造に取り組む所存。ずっと津軽でずっと楽しくリンゴと共に・・・津軽に恩返しをすることを常に考えている。
合同会社tecoLLC 代表社員 立木 祥一郎
東京都出身。東北大学文学部卒。別府国際芸術祭「混浴温泉世界2012」ブランディングディレクター。川崎市市民ミュージアム映像部門学芸員を経て、1994年から青森県立美術館開設に携わる。弘前での奈良美智との3回の展覧会をボランティアスタッフとともに計画実行。青森県弘前地域技術研究所主任研究員を経て、2008年社会起業。文化観光施設の運営計画、展示設計、農作物やレストラン、ワイナリーのブランディングを行う。廃校を活用した王余魚沢倶楽部では、2011年GOOD DESIGN賞を受賞。
合同会社tecoLLC 原田 乃梨子
東京都出身。東京造形大学卒業後、渡仏、Ecole Speciale d'Architectureでlicence 取得(建築)。2010 年teco LLCに入社。食にからんだデザインや企画が多く、山野りんご株式会社の商品ラベルやロゴなども手がけている。