Information:2011.10.03更新
王余魚沢倶楽部がGOOD DESIGN賞を受賞

公益財団法人日本デザイン振興会が行うGOOD DESIGN AWARD 2011の受賞結果が発表されました。tecoLLC.は、復興支援を目的とした特例措置枠の中で、山間集落の地域創造プロジェクト [王余魚沢倶楽部]を応募、一次審査、二次審査を通過し、GOOD DESIGN賞を受賞することができました。

復興支援を目的とした特例措置は、東日本大震災被害からの復興を支援する目的で、東北6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)および茨城県に本社(個人事業主の場合は主な拠点)を置く事業者からの応募については、応募要領に定めるすべての費用(審査費用、展示費用等)を免除して実施された枠のことで、この対象となった受賞件数は27件、青森県では4件でした。

よこてお城山クラフトフェア

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

受賞番号:
11G15001
受賞対象名:
山間集落の地域創造プロジェクト [王余魚沢倶楽部]
事業主体名:
合同会社テコエルエルシー
分類:
コミュニティ・地域社会のデザイン
受賞企業:
合同会社テコエルエルシー
あおもりNPOサポートセンター
蟻塚学建築設計事務所
概 要
王余魚沢倶楽部は廃校になった小学校を中心に、アーティストが暮らしながら活動し、里山と地域集落の魅力をデザインとアート、クリエティブな力で再生し、新しい地域でのライフスタイルを実現しコミュニティビジネスへと導くため、現代版峠の茶屋を作った社会実験プロジェクト。王余魚沢(カレイザワ)という伝説に彩られた難読地名をデザインの中心に据えロゴとして展開し、合わせて海から犬が鰈をくわえ秘密のトンネルを抜け山中にきたという伝説をモティーフとしたシンボルをデザイン。新たな伝説となるべく王余魚沢カレーを開発し学校の校庭倉庫をリノベした過疎集落の日本一の難読カフェで1日100食以上もの大人気メニューとなっている。
プロデューサー
あおもりNPOサポートセンター
ディレクター
tecoLLC.:代表社員 立木祥一郎
デザイナー
建築:蟻塚学 サイン・グラフィック・WEBサイト:tecoLLC. ロゴマークのアイコン:多田友充

>> 詳しくはオフィシャルサイトでどうぞ

写真で見る王余魚沢倶楽部

GOOD DESIGN EXPO 2011 の展示で使用した写真一覧です。

  • before
  • after
  • 王余魚沢倶楽部に係わる人々
  • 王余魚沢倶楽部に係わる人々
  • カレーコンペ
  • 王余沢魚小学校の春
  • 校舎から
  • ツリーハウス